白いエアコン

使う前の点検が大事

エアコンや扇風機なども長期間使用せずにいると、外部だけではなく、内部にもカビやほこりが溜まりやすくなります。
掃除をせずに汚れたままの状態で使用すると、部屋中にカビやほこりをまき散らすことになります。そのような部屋の中で生活すると、カビやほこりを体の中に吸い込むことになり、人体に影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。
エアコンなどは使用する時期が来たら、稼働させる前に内部の洗浄・修理などの点検が重要です。

掃除のプロに任せてみては
エアコンや換気扇などは汚れがしつこく、掃除が大変だと言う人も少なくないでしょう。そのような時にはハウスクリーニングや修理業者に頼むことも良いのではないでしょうか。
掃除や修理のプロに任せると、内部の細かいところまできれいにしてくれます。
また、これからの時期は気温が高くなり熱中症に注意が必要です。熱中症は室内でも起こりえます。エアコンなどの調子が良くない場合は早めに修理をし、室内が暑くなりすぎなよう気を付けることが大事です。

ダクト

クリーニングについて

エアコンのクリーニングをすると、冷暖房が効きやすくなったり臭いが改善されてハウスダストによるアレルギーの心配もなくなります。クリーニングを専門におこなっている業者では、高圧洗浄機器を用いて内部まできれいに掃除をしてくれますので、時間がなくて掃除ができない、ご自身では掃除することが難しいという方などから高い支持を受けていると言われております。汚れは放置するとカビなども発生してしまいますので注意が必要です。

カビを防止する必要性
梅雨の時期になると、湿度が高くなり室内ではカビが発生しやすくなります。
カビは胞子によって拡がり増殖していきます。
カビは真菌と呼ばれる菌の一種で湿度の高いところを好みます。ですから、キッチンや浴室など、水を良く使う場所は特に注意が必要です。
カビと言っても色々と種類があり、人体に良い影響を与えるものと悪い影響を与えるものがあります。
良いカビとは抗生物質などに使われるカビ(菌)です。
一方、悪いカビとはカンジタ菌や白癬菌などがあげられます。

会社のエアコン

汚れについて

エアコンが汚れてしまい洗浄するのが好ましいのは、本体が室内の空気を吸い込んで吹き出しているという構造にあると言われております。空気を吸い込む際に空気中のホコリや汚れの素となるものも一緒に吸い込んでしまっております。冷房として使用している際に、エアコン内部には水が発生して吸い込んだホコリなどの汚れなどと反応して汚れとなるようです。内部の汚れはアレルギーを引き起こしてしまう原因にもなるとされており洗浄することがすすめられているのです。

修理について
エアコンの風量が弱くなったり、風量が安定していないと感じることはないでしょうか。冷房や暖房が効きにくいと感じる場合や、水漏れが気になる場合、出てくる風から嫌な臭いがするなどと感じてしまう場合にも、内部の汚れが影響しているケースがあります。これを放置していると故障してしまい修理が必要になってしまう恐れがありますので、クリーニング洗浄をおこなう必要があります。最近では、専門業者にお任せすることもできます。